スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

認可保育園の内装設計

小規模認可保育所の内装設計及び設計監理を担当させていただきました。
既存ビルの1階部分ということで、本来なら比較的計画しやすい環境でしたが
今回は築年数の古い建物に往々にしてみられる新築時の検査済書の不備という事情が有り
施設の設計に先駆けて建物全体の遵法性調査と是正認定を受けるという、通常の用途変更とは異なるアプローチでの作業を強いられることとなりました。
都合により今回は場所、園名等は控えさせていただきますが
オーナー様、行政関係者、工事関係者の並々ならぬ熱意とご尽力により何とか4月の開園に間に合いましたこと、改めて感謝申し上げます。

保育室01

保育室02
スポンサーサイト

暑中お見舞申し上げます

暑中お見舞申し上げます。
首都圏で梅雨明けが宣言された翌朝、午前中の強い光が西洋朝顔の青を際立たせていました。

夏の生命力

北陸駆け足巡り

3月14日、東京と金沢を2時間強で結ぶ北陸新幹線が開通しましたね。これによって在来線の”超特急”「はくたか」が新幹線に引き継がれました。ラストランを1週間後に控えた3月7日、金沢から五箇山、高岡と新幹線開業を直前に控えた北陸を駆け足で回ってきました。
お隣の福井、富山は仕事やレジャーで何度か訪れているのですが、金沢は20代の頃夜行列車で訪れて以来実に約30年ぶりになります。当然ながら再開発が進む金沢駅周辺は当時の記憶とは大分異なっていますが、違和感は有りません。歩いてまわれる範囲内に歴史的建造物や繁華街が集中する金沢は理想的なコンパクトシティかもしれません。
その後バスで五箇山へ移動しメインイベントの相倉集落の残雪ライトアップを鑑賞、短い時間でしたが北陸の春の気配を満喫することができました。

2015,0307_echigoyuzawaSt_01_Low
2015,0307_21century musium of art01_Low
2015,0307_ainokura night view01_Low

あけましておめでとうございます

旧年中お世話になった皆様にはいろいろとありがとうございました
本年も宜しくお願い申し上げます
迎春2015(撮影2014)_S

虎ノ門、葵坂

歌川広重の浮世絵『名所江戸百景』中の一枚『虎ノ門あふい坂』
江戸時代中頃まで江戸市民の水瓶として機能し、且つ江戸城外堀の一角を成していた貯水池「赤坂溜池」の堰堤付近の夜景を描写した風景です。
絵には描かれていませんが坂の左側は今日のJTビルと虎ノ門病院、外掘を挟んで右側は霞ヶ関ビル、文部科学省へと連なる高台、坂を上りきれば溜池の水面と芦原が広がっていたことでしょう。正面の高台は後に総理大臣官邸となる場所ですが、今はビルに隠れて全く見えません。

広重「虎ノ門あふい坂」_low

ところで何故この場所について記事を書いたかというと
前回の記事で触れた『新虎通り』がこの場所で外堀通りに接続しているからなのですが、江戸期以降の風景の大きな変化が如実に感じられる、想像力、妄想力を掻き立てられる場所だからです。

今日、坂の勾配は緩くなり、よほど注意しなければ意識する事はできません。堀は埋められてビルが建ち、堰堤も滝も溜池も影も形もありませんが、『あふい坂』に描かれた褌一丁のにいさん達が向かっていたであろう金刀比羅神社はいまでも存在しています。

虎ノ門葵坂にて_low

Pagination

Utility

プロフィール

よしおがわ

Author:よしおがわ
FC2ブログへようこそ!

一級建築士
インテリアプランナー
商業施設士
応急危険度判定士
既存建築物耐震診断士(木造)
震災建築物被災度判定技術者

2009年より個人事業主として活動を開始

インターアクトデザイン室 
一級建築士事務所 代表

所属団体:
千葉県建築士会
商業施設士会
NPO法人地域支援センター

最新トラックバック

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

建築家とつくる家情報

FC2カウンター

文字を大きく・小さく

    ブログランキング

    3.11 Disaster Relief Information Portal

    ※リンク先情報に関しては、 各自の責任と判断の下に閲覧ください