スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今だけの風景

当事務所は登録上の拠点を千葉市に置くとともに、都内西新橋にて『東京オフィス』として活動しています。

その東京オフィスの近くに『新虎通り』が開通しました、というより『マッカーサー通り』と書いた方が通りは良いでしょう。(マッカーサー通りに関する以前の記事)
この新虎通りは、地下の自動車専用道路と地上部の二階建て構造となっており、汐留でアンダーパスした地下道路は道路の開通と同時に開業した虎ノ門ヒルズの真下を抜けて、葵坂上で外堀通りに合流するようになっています。『葵坂』?あまり聞き慣れない地名かも知れませんね、又別の機会にご紹介しましょう。

新しい道路が出来て街並の印象が大きく変わる、というのは良く有る事ですが
現にビルが建ち並ぶ都会の真ん中でこれだけ広い通りが新たに出来るインパクトは並々ならぬものがあります。
そして新しい道路に合わせた街並が整備されるまで、今だけ限定の光景があちらこちらで見られる訳です。

無防備な横腹

凸凹

市街地において建物の高さを縛る規制のひとつである道路斜線規制は一定の高さ以上の建物を対象として地域毎に決められたで比率を適用し、密集市街地でも地上まで日射が届くよう高さを制限する制度です。具体的には道路反対側からの傾斜線に沿って建物を建てなければならないので壁が斜めにカットされます。
この部分を巧く利用して傾斜屋根の様にデザインされた建物も有りますが、大抵はカットされたままですね。
一方、この規制は一定以上の幅員の道路(地区ごとに20〜45mの間)には適用されず、それは大通りからある程度入り込んだ範囲まで有効となる為、広い道路に面して建物上部が傾斜だらけという事にはならない訳です。
他にもいろいろと緩和規定はありますが、緩和を受ける為の計算が複雑だったりするのでコストパフォーマンスに応じて適用範囲が決められて行きます。

マッカーサー通りに面した雑然とした風景は、突然街並を切り裂いて現れた空間の衝撃に個々の経済活動(ビルの建て替えや改修)が追いつく迄の僅かな時間に現れる風景。やがて経済活動は傷を凌駕し、ダイナミックに風景を変えていくのでしょう。

仕事初め

連休後半、依頼された図面の作成を自宅にて行っていたため、厳密に言うと異なりますが、
正式には本日より「仕事始め」となりました。

2014年の元旦は九十九里浜本須賀海岸の日の出と
朝駆けする馬達との偶然の出会いからスタートしました。


Motosuga beach0101,14_SNS03-SS


新年あけましておめでとうございます

New Year2014

新年あけましておめでとうございます
昨年は仕事のうえでは必ずしも順調とは言えない一年でしたが
それだけに一方で教訓とすべき経験も多々させていただきました。
何はともあれ感謝です。
本年もよろしくお願い致します。

晩秋の意匠

忘年会シーズンで賑わう都会の盛り場。アスファルトに落ち葉が張り付いてそこだけ模様が出来ていました。
この天然のアーツアンドクラフト、しっかりと食い込んでいてちょっとやそっとでは剥がれません。
多分次の雨が降るまでの僅かな間、楽しむことが出来るかと。。
気になる人は探してみてください。

ginza_Dec05,13_02_S

東京銀座某所にて。

残暑お見舞い申し上げます

八月も終盤にさしかかろうとしていますが、まだまだ暑い日が続いていますね。
今夏県内一番の暑さのせい、という訳では無いでしょうが
テナント募集にやや苦戦しているとか、
ガンバレ。

Mobara Summer

Pagination

Utility

プロフィール

よしおがわ

Author:よしおがわ
FC2ブログへようこそ!

一級建築士
インテリアプランナー
商業施設士
応急危険度判定士
既存建築物耐震診断士(木造)
震災建築物被災度判定技術者

2009年より個人事業主として活動を開始

インターアクトデザイン室 
一級建築士事務所 代表

所属団体:
千葉県建築士会
商業施設士会
NPO法人地域支援センター

最新トラックバック

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

建築家とつくる家情報

FC2カウンター

文字を大きく・小さく

    ブログランキング

    3.11 Disaster Relief Information Portal

    ※リンク先情報に関しては、 各自の責任と判断の下に閲覧ください